アパレル求人の探し方【おすすめ派遣会社はココ!】

当サイトではアパレル求人をお探しの方向けに、おすすめのアパレル派遣会社やアパレル販売のお仕事についての情報をお届けします!

アパレル販売の大変なところ

見た目よりもハードな仕事

毎日カワイイ服を着れて、茶髪・派手めの化粧もOK。普通のOLだと色々な制約があるので、服装自由で服に囲まれて働くアパレルショップ店員は華やかでいいなーと思いますよね。

ですが、アパレル販売は決して華やかなだけの仕事ではありません。
アパレル販売の仕事は離職率が高いです。

「ただ服を売るだけで楽そうだし」という理由で働き始めて、想像とのギャップに耐え切れず辞めてしまう人が後を絶ちません。

こうならないためには、事前にアパレル販売の大変なところもある程度把握しておくのが大切です。そうすることで、少なくとも理想と現実のギャップが原因で辞めることは防ぐ事ができますね。

アパレル販売員のデメリット・苦労するところ

アパレル販売員の大変なところやデメリットについてまとめてみました。

ノルマ(売上目標)がある
店舗には売上目標があり、常に数字を意識しなくてはいけません。個人のノルマがある店だと特にプレッシャーを感じます。目標の金額に届かなかった場合、厳しい店だと店長に圧力をかけられるなんてところもあるようです。
一日中立ちっぱなし
店頭で一日中立ちっぱなしで働くのは、慣れるまで意外と大変という声が多いです。カジュアルなショップならともかく、高級ブランドだとヒールの高い靴を履く事が多いので特に大変ですね。
職場の人間関係
アパレル販売の仕事は女性が圧倒的に多いので、女性ばかりの職場で働く事になります。女性だらけの職場は苦手・・・という人にとってはちょっと大変かもしれません。逆に同世代の同僚たちと仲よくなれて楽しい!という人もいます。職場の人間関係はそのショップによるところが大きいので、スタッフ同士良好な関係を築いている職場で働きたいですね。
土日の休みが取りづらい
世間の人がお休みの日はショップにとって稼ぎ時。そのため土日やお正月、GWは出勤するのが一般的です。恋人や友達が土日休みだと休みを合わせるのが大変です。
洋服代がかさむ
毎日私服で働くわけですから、2、3着の服を着回すという訳にもいきません。いくら社割がきくとは言っても、何着も購入する必要があるので結構な出費になります。また、元々服好きなのでついつい買いすぎてしまうという悩みもあるようです。これは自分の好きなブランドで働いているとなおさらですね。

このように決して楽な仕事とは言えないかもしれませんが、その分やりがいもある仕事です。

大変な事もあるけどやっぱりこの仕事が好き!という人もたくさんいるので、デメリットばかりに目を向けずにまずはチャレンジしてみるのもいいのではないでしょうか?

アパレル販売の楽しさについてもまとめたので、こちらも参考にどうぞ。