アパレル求人の探し方【おすすめ派遣会社はココ!】

当サイトではアパレル求人をお探しの方向けに、おすすめのアパレル派遣会社やアパレル販売のお仕事についての情報をお届けします!

ラグジュアリーブランド店員に求められるもの

ブランドごとに店員に求められるものも違う

アパレルブランドと言ってもいろんな種類があります。

ローリーズファームやCECIL McBEEといった若い女性に人気の定番ブランドから、DIESELやnano・universeなどメンズにも人気のブランド、ユニクロやH&Mなどのファストファッションブランド、CHANELやHERMESといったハイブランド・・・

同じアパレルブランドでもそれぞれ服のテイストやターゲットが全然違いますね。
テイストや客層が違えば、当然そこで働く店員のタイプも全く異なります。

ラグジュアリーブランドの販売員にはどんな事が求められるのでしょうか。

ラグジュアリーブランドの客層について考える

ラグジュアリーブランドに買い物に来るのはどんな人達でしょうか。

中には一生懸命バイト代を貯めてハイブランドのお財布を買いにくる学生がいたりするかもしれませんが、大抵は普段から高級ブランドを身に付けている、いわゆる「セレブ」な人達ですよね。

こうしたお客さんが中心の高級ブランドでは、若者向けファッションブランドではよくある「フレンドリーな接客」は通用しません。より質の高い接客スキルが求められるのです。

またあまり若すぎるのも歓迎されません。落ち着いて高級感のある店内に、10代の若い子はあまりマッチしませんよね。販売員が若すぎることでブランドイメージが崩れてしまう恐れもあります。

これらの理由から、ラグジュアリーブランドの販売員は中途採用が多いです。学校を卒業したての新卒者よりも、他ブランドや他業種で経験を積んできた人を採用するのです。

ちなみに販売員の経験者だけとは限らず、中にはキャリアアテンダント経験者が採用されることもあるようです。確かに、高い教養と接客スキルが求められるという点は共通していますね。そういった点からいうと、一流ホテルでの勤務経験なども良いアピールポイントになるかもしれませんね。

また最近では、中国をはじめとした海外からの買い物客も増えています。それに伴って英語や中国語を話せる人材の需要が高まっています。ということで、立地によっては語学力が必要とされる場合もあります。

ラグジュアリーブランドの販売員に求められることまとめ

結局ラグジュアリーブランドの販売員に求められるのは、簡単にまとめると

  • 高い接客スキル
  • 若すぎない年齢
  • 語学力

といったところでしょうか。

この他に、社会人としてのマナーや一般常識が身に付いているというのは言うまでもありません。中途採用なのでこのあたりは自然と身に付いているはずですしね。

ラグジュアリーブランドで働いてみたいという人は、まずはショップ足を運んで実際の接客を間近で見てみるのが一番です。

どんな身のこなしで、どんな言葉遣いで、どんな表情で応対しているのかをチェックしてみるのはすごく勉強になります。きっと自身の接客スキル向上に役立ちますよ!