アパレル求人の探し方【おすすめ派遣会社はココ!】

当サイトではアパレル求人をお探しの方向けに、おすすめのアパレル派遣会社やアパレル販売のお仕事についての情報をお届けします!

太っていてもショップ店員になれる?

スタイルに自信がないけどショップ店員になりたい

服が好きで友達にはよく「オシャレだね」とほめられる。接客も好きだからアパレル販売の仕事をやってみたいけど、アパレルショップの店員さんはモデルのようなスタイルの良い人達ばかり・・・。

このように、太っているのが原因でアパレルショップスタッフへの応募をためらっているという方もいるかと思います。

ショップ店員はキレイな人が多いですよね。スタイルも良くて、服をステキに着こなしています。

では実際のところ、太っている人はショップ店員に採用されないのでしょうか?

ショップ店員の役割は商品を売ること

ショップ店員は「動くマネキン」です。お客さんは店員の着こなしを見て、実際に自分が着た時のイメージを連想します。

ショップ店員が可愛く着こなしていると「あの服かわいー!欲しいな」と思うし、逆にパツパツで不格好だと「あの服って実際に着たらあーなっちゃうのか、微妙・・・」と購入を控えることもあるかもしれません。

そういった意味では、太った人だと不利だと言えるかもしれません。

ただ、店員の役割はマネキン代わりだけではありません。ショップ店員に一番求められるのは、いかに売上を上げられるかという事です。

買い物に来るお客さんの中には、店員と楽しく会話するのも楽しみの一つという人も大勢います。
明るくて面白くて感じの良い人なら会話も盛り上がりますね。ぽっちゃりさんにはそんなタイプが多いような気がします。親しみやすい人柄、これでセールストークもばっちりだったら売上も伸ばしていけそうです。

アパレルショップ店員も販売職なので、たくさん商品を売ってくれる人材は店側も欲しがります。面接ではこうした人柄をどんどんアピールしていくのが採用されるカギになりそうですね。

もし過去に販売職や営業をしていてたくさん売上を上げる事ができた、という実績を持っているのであれば、具体的な数字を提示してアピールするとさらに効果的です。

どんなブランドが採用されやすい?

じゃあ売上さえ上げられればどこのブランドでも採用されるの?というと、そうとも言い切れません。

ブランドには「ブランドイメージ」があります。ショップ店員はブランドイメージにそのままつながるので、このイメージを壊してしまうようだと採用は難しいでしょう。高級ブランド(ラグジュアリーブランド)では特にこの傾向が強いですね。

他にも、キャリア女性をターゲットにしたようなスタイリッシュでスマートなイメージのブランドは難しいかもしれません。またボディーラインがはっきりと出るようなアイテムばかりのブランドもぽっちゃりさんには厳しいですね。

そしてこれはどのブランドでも言えることですが、ショップで働くにはそのブランドの服が着れるというのが大前提です!

勤務中には自社ブランドの服を着る決まりがあるショップも多いので、サイズが無くて着れないとなると働けませんね。働き出してから太って商品の服が着れなくなってくると怒られるという店もあるくらいです。

スタイルを気にするのであれば、カジュアルでゆったりしたデザインの服が多いブランドや、Lサイズも展開しているようなブランドを狙ってみましょう。