アパレル求人の探し方【おすすめ派遣会社はココ!】

当サイトではアパレル求人をお探しの方向けに、おすすめのアパレル派遣会社やアパレル販売のお仕事についての情報をお届けします!

派遣会社の仕組み

派遣・パート・正社員・・・何が違う?

アパレルの仕事には様々な働き方があります。

本社勤務の総合職やデザイナー・パタンナーといった専門職は正社員や契約社員が多いですが、ショップで働く販売スタッフにはこれら以外にも派遣やパート・アルバイトといった色んな雇用形態があります。

正社員も派遣社員もバイトも大まかな業務内容は同じなのですが、このうち派遣社員だけは雇用の面で大きな違いがあります。

アパレル派遣の仕事をする前に、まずは派遣の仕組みを理解しておきましょう。

最大の違いは雇用先

正社員・契約社員・パート・アルバイトといった雇用形態と派遣の一番の違いは、直接雇用かそうでないかという点です。

通常は勤務先であるショップを運営している会社と直接雇用関係を結びます。求人誌やハローワーク、店の張り紙等で募集情報を見て、記載された連絡先に直接連絡をして面接→採用という流れが一般的です。

直接雇用のしくみ

この場合の雇用先は勤務先のショップ(を運営している会社)となります。

一方派遣で働く場合、まず派遣会社に登録をします。そして派遣会社側から勤務先のショップを紹介してもらい、そこに派遣されるという形で働く事になります。

この場合の雇用先は勤務先のショップ(を運営している会社)ではなく派遣会社となります。

派遣のしくみ

つまり、アルバイトも派遣も同じ勤務先で働いているけど雇用先は違うという事になります。

派遣とアルバイト、業務内容に違いはある?

派遣社員だからといって派遣会社から仕事の指示をされるわけではありません。業務中はあくまで派遣先の指示に従って働くことになるので、業務内容に大きな違いはありません。

派遣先のショップによっては「この仕事は正社員だけ」「この仕事は派遣にも任せる」といったように多少の差をつけている所もあると思いますが、これは派遣だけでなくアルバイトやパートにも言えることですね。

一番違う所といえば、残業に関してではないでしょうか?

派遣社員は雇用先である派遣会社から給料をもらうため、残業代に関する仕組みも直接雇用の社員と違います。派遣社員を残業させると派遣会社に高額の残業代を支払わなくてはいけないので、「派遣は残業させるな」という考えの企業も多いです。

そのため、直接雇用の社員やバイトに比べて派遣は勤務時間がきっちりしていて残業はあまりないというケースがほとんどです。

派遣の働き方については、こちらの記事も参考にしてみてくださいね!